医者

人工透析と向き合う人生【家族と協力して生きていく】

乳がんを早く発見するには

病棟

自分の身体と向き合う時間

日本では一定の年齢になると自治体や健康保険組合から無料や少ない負担金額で受けられるがん検診があります。肺がん・大腸がん・胃がん検診と共に女性は乳がん検診を受ける事ができます。この様な取り組みは多くの先進国で行われている様ですが、日本はその中でも手厚く行われている国の一つです。ところが乳がん検診を受ける女性はとても少なく、受診率は50パーセントに満たないと言われています。忙しいとか恥ずかしいとか様々な理由はあると思いますが、乳がんは早期に発見・治療が出来ると治癒率や予後がとても高く治りやすいがんと言われています。自分の誕生日や何かの記念日をきっかけにして、毎年同じ時期に乳がん検診などのがん検診を受ける工夫が大切だと思います。

人気の検診

乳がん検診や子宮がん検診などの女性のデリケートな部分を見られる検診は特に抵抗があって、なかなか病院に行きづらいと言う女性もいます。特に出産を経験していない女性にとっては、内科や外科に行く事はあっても、婦人科・産婦人科へ足を運ぶ事は少ないと思います。ところが乳がん検診を受ける時に訪れるのは、外科や乳腺外科になる事が多くなります。またマンモグラフィなどの設備が整った病院では乳がん検診の人気があり、予約が取りづらい状況になっています。初めて乳がん検診を受診する場合や前回の乳がん検診から年数が少し空いてしまっている場合などは、乳腺医がいる専門の病院や周りの口コミで評判の良い病院を訪ねてみると良いと思います。

Copyright© 2015 人工透析と向き合う人生【家族と協力して生きていく】All Rights Reserved.