医者

人工透析と向き合う人生【家族と協力して生きていく】

治療法内容

女の人

抑えたい点

NK細胞療法とはどのようなものなのかを説明していきたいと思います。NK細胞療法という言葉に含まれる「NK細胞」とはそもそも何なのかを知る必要があります。これは、ナチュラルキラー細胞のことで、1970年代に発見された細胞のことです。人間が生きていく上で非常に重要な役割を持っています。たとえば、ウイルス性の感染細胞を攻撃してくれることなどがその代表例です。現在はこのナチュラルキラー細胞を意図的に増殖する方法も確立しているため、ガンを治療するのに用いられています。それがNK細胞療法です。このガンに対する治療方法が確立されたことで、従来の治療法とは一線を画す方法で患者を治療することができるようになりました。

従来との比較

NK細胞療法と従来の治療方法では大きく異なります。それではどのような点がこれまでとは異なるのかを書いていきます。これまでの治療方法は次のようなものが代表的でした。つまり、手術による治療方法、抗がん剤の投与、放射線療法の3つです。NK細胞療法が確立されるまでは、これらの治療方法がガンに対する三大治療方法とされてきました。しかしながら、これらの3つの治療方法には、少なからず副作用がありました。特に、末期症状の患者には非常に大きな負担になることもありました。しかしながら、NK細胞療法の登場によって、単に治療するのではなく、自身の免疫力を高めることで治療することから、こうした副作用が出なくなったのです。

Copyright© 2015 人工透析と向き合う人生【家族と協力して生きていく】All Rights Reserved.