医者

人工透析と向き合う人生【家族と協力して生きていく】

がん治療のワクチン療法

男性

ワクチン療法の特徴

がんの治療法には、外科手術や化学療法などがあるが、最新のがん治療の方法に、樹状細胞療法などのワクチン療法がある。ワクチン療法の特徴は、副作用が少なく、患者さんに優しいことである。樹状細胞療法は、患者さんの症状に合わせて行うオーダーメイドの治療法で、患者さんにとって最適な方法で治療が行われる。樹状細胞療法で使用される細胞は、患者さん自身の細胞である。副作用が少ない理由は、患者さん自身の細胞を使用するため、拒絶反応が出にくいからである。樹状細胞療法は、病院に入院する必要はなく、2週間ごとに病院に通院するだけで治療が受けられる。入院する必要がないため、仕事など普段通りの生活をしながら、がんの治療をすることができる。

ワクチン療法の注意点

樹状細胞療法などのワクチン療法は、副作用が少ないがん治療であるため、患者さんの間で人気が高まっている。ワクチン療法は最先端の治療法であるため、保険診療が受けられないので注意が必要である。ワクチン療法は全額自己負担になるため、200万円程度の費用が必要になる。ワクチン療法は医療費控除の対象になるので、国からの補助は受けられる。民間のがん保険の中には、ワクチン療法を受ける際に保険金が支給される保険もある。ワクチン療法は自由診療になるため、料金は医療機関によって違いがある。ワクチン療法を受ける際には、あらかじめ料金を調べておくと安心できる。ワクチン療法の料金は、ワクチン療法を行っている病院のWEBサイトに掲載されている。

Copyright© 2015 人工透析と向き合う人生【家族と協力して生きていく】All Rights Reserved.